苺(いちご イチゴ) | 果物 フルーツ 旬の贈り物 fruits? fruits!


トップ / フルーツ・果物辞典 苺(いちご イチゴ)

サイドメニュー

fruits? fruits! トップ

フルーツ

JUICY DAYS

おすすめリンク集


旬のフルーツ・果物辞典

メロン

マンゴー

すいか (スイカ)

ぶどう(ブドウ 葡萄)

桃(もも モモ)

柿(かき カキ)

梨(なし ナシ)

ブンタン(文旦)

イチゴ(いちご 苺)


お知らせ
2009/8/16 サイトオープン

ようこそ フルーツ・果物辞典 by fruits? fruits! へ。

このページでは旬のフルーツ・果物を辞典形式で紹介しています。

苺(いちご イチゴ)

バラ科イチゴ属 Strawberry(英)
現在栽培されているイチゴは、北アメリカに野生するバージニアイチゴ、チリから太平洋沿岸に自生するチリーイチゴの2種類が祖先であると言われています。

日本では、古くは平安時代に清少納言が枕草子に「あてなるもの・・・いみじううつくしきちごの、いちごなど食ひたる」と小さな子供がイチゴを食べる様子が可愛らしいと書いています。
当時の苺は野生種の原始的なものであったようです。

イチゴが栽培品種として伝えられたのは、江戸時代にオランダ人により長崎に伝えられたのがはじめで、それ以来オランダ苺とも呼ばれています。
当時、イチゴは観賞用とされていましたが、明治に入ってから、食用として栽培されるようになりました。

日本で新しく生まれたイチゴは、国や県の試験場で誕生したものがほとんどで、この点が他の果物と違っています。しっかりした品種を交配して作られることから、新しい品種が作りやすいようです。

出荷は主に12月~5月頃に行われ、主な産地は、栃木、福岡、熊本、静岡などです。

甘酸っぱい味はおいしく、ビタミンCも豊富に含まれるため、誰からも愛される果物として人気です。


食べ頃の目安

いちごはあまり日持ちしないので、食べたいと思った時にすぐに食べるのが一番良いでしょう。

食べる際には、ヘタの着いたまま、サッと水洗いします。あまり水にさらし続けると、いちごのビタミンCも洗い流されてしまうので、注意が必要です。
保存する際には、冷蔵庫に入れて、保存しましょう。数日程度であれば、鮮度を多少保つことができます。

美味しいいちご(苺 イチゴ)の選び方

ヘタがきれいな緑色(濃い緑色でみずみずしいもの)をしているもの

果肉の色は全体的に赤く、ヘタの周りが白くないもの

表面のツブツブが目立っていて、つやのあるもの

以上の特徴を持つものは、良品といえます。

品種

品種改良が全国各地で実施されていることから、多数の新品種がこれまでに誕生しています。
現在の主要品種としては、あまおう(甘王)、とちおとめ、とよのか、さちのか、章姫、さがほのか、女峰などがあります。

あまおう(甘王)

福岡農業試験場で育成されたいちごです。

甘い・丸い・大きい・うまいという果実特性があることから、その頭文字をとって、あまおうと名づけられました。

大果で促成栽培用の福岡県の代表品種です。11月上旬~5月にかけて、熟します。

とちおとめ(栃乙女)

栃木県農業試験場で育成されたイチゴで、久留米49と栃木の峰をかけあわせて作られました。

果実は女峰よりも大きく、甘みも強く、日持ちも良いことが特徴です。

栃木県の代表的な品種です。

さちのか(幸の香)

農林水産省で育成されたいちごです。とよのかとアイベリーを掛け合わせて作られました。

果実は約13gの大果で、長楕円形で光沢があります。また、甘みが強く、食味が良いことも特徴です。

とよのか(豊の香)

苺で、暖地向きの品種です。

九州~西日本にかけて広く栽培されています。果実は14g程度大果で、円錐形をしています。

鮮紅色で光沢があり、甘みが多く、酸味も適度にあります。

章姫(あきひめ)

静岡県の荻原章弘氏が育成したいちごです。

果実は大きく、甘みが多く、酸味が少ないのが特徴です。豊産性で栽培しやすいのが特徴です。

静岡県の代表的ないちごです。

女峰(にょほう)

栃木県農業試験場で育成されたイチゴです。

日光の女峰山より命名されました。栃木を中心に東日本で栽培されています。

甘酸っぱい味で、香りがあり、ジューシーです。生食、菓子用にも適しています。

アイベリー

愛知の愛三種苗で麗紅と宝交を交配して作られました。

果実は50gほどの大果で、円錐形をしています。

味は甘く、香りも良いです。菓子原料にも適しています。

栄養

ビタミンCを豊富に含んでいます。アセロラやスダチなどはイチゴよりも多く含んでいますが、食す機会を考えるとイチゴのほうがすぐれています。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助け、皮膚を健康します。また、免疫力が高められ、病気をしにくくする役目もあります。
さらに、ビタミンCは、抗酸化力が大きく、老化を防止します。

そのほかに、ペクチンという食物繊維、ビタミンBの一種の葉酸も多く含んでいます。
妊娠中の女性にも大変おすすめです。